日本人のための宇宙ビジネスに特化したWEBマガジン

  1. 中国

次は月の南極、そして火星へ。中国今後の宇宙探査概要

嫦娥4号月探査機は月の裏側への軟着陸に成功した。

この着陸で中国月探査プロジェクト第4段階の幕が上がった。月探査プロジェクト計画によれば、月の裏側への軟着陸の他、第4段階では嫦娥6号による月の南極のサンプルを持ち返すミッション、嫦娥7号による月の南極の地形、物質成分の分析、空間環境の探査など総合探査ミッション、嫦娥8号による科学探査実験、重要な月面実験ミッションが含まれる。

月だけでなく、火星探査ミッションを2020年前後に実施する予定。一回の打ち上げで、探査機は「火星を周回」、「火星に着陸」、「火星表面を自走し探査」を実現する計画。

原文記事はこちら:
http://www.stdaily.com/index/kejixinwen/2019-01/22/content_747789.shtml

関連記事

PAGE TOP